授業について

コース紹介:服飾専門課程

小川 レティシア:服飾デザイン
パリのメゾンでスティリストとして勤務後、来日。日本のアパレルメーカーでデザイン企画を担当したのち、フリーランスのファッションプランナーとして独立。

発想力・創造力を培って、デザインを楽しもう!

洋服をデザインするうえで欠かせないのは発想力と創造力です。その力を培うためには、多くの情報を自分の中に蓄積し、それを整理してたくさんの引出しを持つことが重要になります。コレクションの作品を見たり、店頭で商品をリサーチしたり、道行く人のオシャレを観察したり・・・。さらには、映画を観たり、音楽を聴いたり、美術館に行ったり・・・。といったように、私たちの身の回りにある様々な事柄が創造力の源となり、たくさん経験を積むことで、「発想の引出し」を増やしていくことができます。デザインを考案する際には、必要な引出しから最適な情報を取り出し、それらを組み合わせていきますが、それは無限の可能性を秘め、自己を表現できるとても楽しい作業です。

一人ひとりの個性を伸ばす。

少人数クラスなので、学生一人ひとりとの対話を重視して、アットホームな楽しい授業を行っています。基礎が身についてくると、少しずつ自分のやりたいことが見えてきますので、一人ひとりの個性を伸ばすようにマンツーマンでサポートしていきます。一年次からオリジナルデザインの作品をファッションショー(卒業・修了制作展)に出品し、その経験をもとに、二年次、三年次と徐々にデザイン力のレベルアップをはかっていきます。特に三年次は、マイブランドのコレクションとしてショーのステージを飾りますので、やり遂げたあとの達成感は一段と深いものになります。あなたも洋服をデザインする楽しさを体感してみませんか?

PAGE TOP